↑は大昔の白石和紙を作っている作業風景です。
 
↑の絵の中央で上半身裸で何かを揉んでいますね。
 
コレが紙子(紙の浴衣)を作るために和紙を揉んでいるトコロです。
 
後ろの人は紙を揉みやすいように霧吹きをしていいます。
 
揉んだり叩いたりしてイロイロな加工が出来る和紙として
 
昔は仙台藩の特産品でした。
 
ちなみに伊達家の軍師を務めた片倉小十郎の宮城県白石市で
 
作られたコトから奥州白石和紙と呼ばれています。
   
  

  
コチラは湿った白石和紙を模様を彫った版木に置いて
  
上からブラシで叩いて模様を刷り込だ拓本紙で作った名刺入れです。
  
刷り込んだ模様は凹凸があり、立体感があります♪
  
  拓本紙はこんにゃく糊で固めるため適度な固さと柔らかさがあります。
  
BY みやぎを応援企画